未来の後悔

死ねクソッタレと呪っていた両親だが、母とはやっと内心イラつかずに話せるようになった。父ともこの間、実に3年振りに会話をした。

家出をした時から2人のことを嫌っていて、特に父については私の中では死んだ設定になっていた。しかしそんな私怨とは別に、『長年お金と手間をかけて育てた子供に恨まれ、口も聞けなくなるなんて可哀想』とも思っていた。

けれど、じゃあ仲直りするかというとそれは出来なかった。可哀想だと思いつつ、それとこれとは別問題なのだ。


では最近になって何故会話をしたかと言うと、月日が私の傷を浅くし、客観的にではなく、身内として『可哀想』と思えるようになってきたからだ。

ただ、当時の話題を出されると私の怒りは間違いなく再燃するので、『どんな意図であれあの時の話をするのは禁止』と事前に伝えた。その条件の元、先月、父とは3年振りの会話に至り、母とは今日会うまでに至ったのだった。


これは和解への1歩ではない。

謝罪をして楽になるのは、謝る側だ。私にはなんのメリットもない。一生をかけて二度と謝ることを許さないし、受け入れないし、懺悔もさせない。

ただ、50代も後半になった両親が、子供と口を聞かないまま死ぬ可能性に同情したのだ。

一方私だって、両親とは嫌な思い出ばかりではない。例のことは絶対に許さないが、きっと私もこのまま口を聞かずに死なれたら、それなりに後悔もするのだろうとも思う。


かつて、アル中で暴君だった祖父が生きていた頃は『早く死んでしまえ』と思っていたが、実際に死んでみると、『いい人だった頃もあったのになぁ』と不思議と昔が懐かしくなったのだった。

それを踏まえ、生きているうちに回避出来る未来の後悔は回避しようという、そんな心境の変化だった。






【New!】

 

2020.10.26

ORDERページを再掲載いたしました。

ご発注・ご依頼の参考にしていただけます。

 

2020.9.02

新規作成した絵を掲載いたしました。TOP画像およびGALLERYでご覧いただけます。

 

2020.9.02

演奏事業の再開・中止に関する最新情報を更新いたしました。詳細はNEWSにて。

 

2020.6.18

ORDERページ(注文参考情報)を現在非表示にしております。編集完了次第 再掲いたしますが、それまでの間につきましては料金等 直接お問合せください。

 

2020.4.15

コロナ感染拡大防止のため、4月・5月・6月の各種イベントと演奏業が中止・延期になります。NEWS

 

2020.4.4

▼食育スペシャリスト中村詩織さんに制作のご依頼をいただいたLINEスタンプが販売開始いたしました!

▼イラストメイキング動画のYouYubeリンクを追加いたしました!

どちらもLINKからご確認いただけます。

 

2020.4.4

コロナ感染拡大防止のため、4月に予定しておりました各種イベントを中止・延期とし、該当宣伝ページを削除いたしました。騒動が収束次第、改めて設定と告知をいたします。NEWSに掲載中のイベントは現在のところ開催予定となっております。

 

2020.3.6

プラネタリウム朗読会への出演情報、マンドリンオケへの出演情報を追加致しました。

詳細はNewsへ。

 

 

2020.1.28

新作イラスト「雪」を追加いたしました。

※デジタルイラストへ更新

【シェアはこちら!】