赤い彗星シャアの襲撃

この記事はガンダムの話ではない。
そしてその作品、キャラクターのファンがいたら心で土下座をする。

----------


高校生の頃、生理が来ることを『赤い彗星シャアの襲撃』と呼称している友人がいた。彼女は生理痛で辛い時には、『腹部がシャアに攻撃されています!』などと報告をしてきて、その表現はすぐに仲間内でのポピュラーとなった。


シャアは本来 月に1度襲撃をしてくるはずだったが、私には3ヶ月~半年の間に1度程度の頻度だったため、これまで10年ほどピルを使用していた。

それを辞めてから初めての襲撃が印象的だったので書いておこうと思う。


結論、めちゃくちゃに痛かった。

突然、腹を刺されたのかと思う突発的な激痛が走り、立っているのが困難でそのまま腹を抱えてうずくまる私は松田優作だった。気がつくと脳内では『なんじゃこりゃああああ....!』と太陽にほえていた。


確かにピルには痛みを緩和する効果もあったが、それを飲んでいないだけでこんなに痛いものだっただろうか。今まで生理痛がなかったのは薬のおかげだったのか。そんなことを考えているうちにも、痛みのあまり気が遠くなっていくのを感じた。

このままでは、また菜の花畑が見えてしまう。
(※肺炎になった時にも見えたおそらく三途の川の近所の光景)

なんとかしなくてはと思い、痛みが軽くなった隙に薬局にたどり着き、鎮痛剤を買うことに成功した。幸い、鎮痛剤は驚くほど効いて、あっという間に自分を取り戻した。

痛みを例えるなら、酷い食あたりでお腹を壊し、わずかな呼吸すら痛覚に響く状態で、立っていられないうえに冷や汗が出て、どんどんと体温が下がり血の気が引くような状態..と言えば何となく伝わるだろうか。

実際にはその痛みが腸ではない部分で起きているのだが、質はかなり近いとは思う。


動けないレベルの生理痛になる人がいるとは聞いていたが、それを体感したのは初めてだった。人によっては毎回こんなのを耐えているのかと思うと恐ろしい。

生理でこれなら、出産はさぞ痛いのだろう。しかもそれが何時間も続くだなんて拷問だ。世のお母様たちはすごい。
私は妊娠すらしていないが、すっかり痛みにビビったので今から無痛分娩や計画分娩をしている産院を探しておこうと思う...。


次のシャアの襲撃がいつになるのかは分からないが、痛みがあるとしても松田優作が憑依しない程度であると嬉しい。

【New!】

 

2020.10.26

ORDERページを再掲載いたしました。

ご発注・ご依頼の参考にしていただけます。

 

2020.9.02

新規作成した絵を掲載いたしました。TOP画像およびGALLERYでご覧いただけます。

 

2020.9.02

演奏事業の再開・中止に関する最新情報を更新いたしました。詳細はNEWSにて。

 

2020.6.18

ORDERページ(注文参考情報)を現在非表示にしております。編集完了次第 再掲いたしますが、それまでの間につきましては料金等 直接お問合せください。

 

2020.4.15

コロナ感染拡大防止のため、4月・5月・6月の各種イベントと演奏業が中止・延期になります。NEWS

 

2020.4.4

▼食育スペシャリスト中村詩織さんに制作のご依頼をいただいたLINEスタンプが販売開始いたしました!

▼イラストメイキング動画のYouYubeリンクを追加いたしました!

どちらもLINKからご確認いただけます。

 

2020.4.4

コロナ感染拡大防止のため、4月に予定しておりました各種イベントを中止・延期とし、該当宣伝ページを削除いたしました。騒動が収束次第、改めて設定と告知をいたします。NEWSに掲載中のイベントは現在のところ開催予定となっております。

 

2020.3.6

プラネタリウム朗読会への出演情報、マンドリンオケへの出演情報を追加致しました。

詳細はNewsへ。

 

 

2020.1.28

新作イラスト「雪」を追加いたしました。

※デジタルイラストへ更新

【シェアはこちら!】