自分と自分

私は松崎しげる(敬称略)の歌が好きだ。

彼はバラエティで度々いじられているが、歌は本当に素晴らしい。

 

家出をしてからやっと部屋を借りることができた頃、なけなしの3万円を使って初めて彼のディナーショーへ1人で行った。


松崎しげるが好きな友達もいないし、ましてや気軽に誘える金額でもない。きっとお客の年齢層は高いし、ディナーの間はぼっち飯も確定だ。それでも1度行ってみたかったのだ。会場が椿山荘であったことだけが心強かった。(椿山荘には何度も行ったことがある)


ディナーショーではなくライブかコンサートに行けばいいではないかと思われるだろうが、私はみんなで立ち上がって盛り上がるようなライブや、じっとして聴くことに全神経を傾けるような聴き方がすごく苦手だ。どう考えてもゆったり座りたい。そして映画館のように何か飲食しながら聴けると尚良い。そんな自分の好みのせいで、彼のフェスでもなくコンサートでもなく、ディナーショーを選ぶことになったのだ。


会場についた。

やはり周りの年齢層は高い。同じテーブルになったご夫婦が私を気にしてくれたのか、「こんなに若い方にもファンがいるんですね」と笑顔で話しかけてくれた。好きな歌手の一人だというだけでファンだと思ったことはなかったが、ここにいる以上はそうなのだろう。


大げさに聞こえると思うが、私が身の回りのごたごたを乗り切れたのは、彼の唄があったからだ。自分の意志だけではとっくに折れていたかもしれない。

1か月以上の放浪生活を経てやっと自分の帰る家を得た今、本人がそこで歌う歌を聴きに行かなくてはいけないという使命感があった。



-------------------------



『愛のメモリー』はやはり一番好きだ。


2008年にチョコレートのCMと絡めて制作されたPVがある。私がその映像を見たのはもう少し後だったが、松崎しげると薄気味悪いチョコレート人間が出てきて歌うなど、演出が絶妙にダサい。後半は松崎しげる同士が向かいあわせで歌う演出に変わるがこれもまぁダサい。


ダサいのだが、その向かいあわせの状態、つまり松崎しげるが松崎しげるに対して『♪二人に死が訪れて星になる日が来ても あなたと離れはしない』と歌っているのを見た時、ああそうか、『あなた』は『私』でもいいんだ、と思った。


言ってることが伝わりにくいかもしれない。

とにかく、何があっても私が自分を見捨てなければ、それでいいんだと感じた。何が悲しいのか、どうして悔しいかは自分が1番よく分かっている。何も言わなくても『自分』は全て分かっていて、絶対的な味方なのだ。誰にも言えない悩みでも、『自分』は聞いている。


この捉え方はある意味、自分と離れないどころか自己との解離だとは思う。自分を『自分(自身)』と『自分(以外)』に分けて情報をやりとりをする感覚だ。



この「自分」は度々私を救ってきた。特に夫や親のトラブルの件では大活躍だった。


自分という1人の精神の中で、「明日は私が行政書士に電話するよ」「この人(私)はそろそろ寝かせないと」「あとは私がやっておくからあなたは鼻歌でも歌ってなさい」と、優しい自分は度々声をかけてきた。実際、鼻歌を歌っている間に私は示談書の原稿を読み終わっていたしちゃんと内容を把握していた。


なんだか二重人格みたいだが、これは随分と私を楽にした。辛さの半分はもう1人の『自分』が背負ってくれる。



----------------------------------



こうして書いていたら、ふと『イマジナリーフレンド』という言葉を思い出した。


幼少期によくある現象で、子供が空想の中でもう1人の友達を作り上げて会話をしたり遊び相手にするものだ。周囲の大人には、子供が目に見えない誰かと会話しているように見える。私はあと2年で30歳になる大人だが、やっていることはそれと変わらないのかもしれない。


元々、子どもの頃から辛いときは自分の感情をオフにして乗り越える癖があったが、その癖は10年前に見た松崎しげるのPVを機にイマジナリーフレンドのような形で確立された。



そんな「彼女」とお礼参りのような感覚でやってきた松崎しげるのディナーショーは、本当に素晴らしかった。

 

 


【New!】

 

2020.6.18

ORDERページ(注文参考情報)を一時的に非表示にしております。編集完了次第 再掲いたしますが、それまでの間につきましては料金等 直接お問合せください。

 

2020.4.15

コロナ感染拡大防止のため、4月・5月・6月の各種イベントと演奏業が中止・延期になります。NEWS

 

2020.4.4

▼食育スペシャリスト中村詩織さんに制作のご依頼をいただいたLINEスタンプが販売開始いたしました!

▼イラストメイキング動画のYouYubeリンクを追加いたしました!

どちらもLINKからご確認いただけます。

 

2020.4.4

コロナ感染拡大防止のため、4月に予定しておりました各種イベントを中止・延期とし、該当宣伝ページを削除いたしました。騒動が収束次第、改めて設定と告知をいたします。NEWSに掲載中のイベントは現在のところ開催予定となっております。

 

2020.3.6

プラネタリウム朗読会への出演情報、マンドリンオケへの出演情報を追加致しました。

詳細はNewsへ。

 

 

2020.1.28

新作イラスト「雪」を追加いたしました。

※デジタルイラストへ更新

【シェアはこちら!】