ぬくぬくとした鬱

鬱は甘えだと思う。


同じ仕打ちを受けても鬱になるかならないかは個人差があるし、人によって受けるダメージが違うことも分かっているが、耐性が無い性質そのものが甘えだというのが私の考えだ。


私は『不幸を感じる暇があること』が贅沢だと思っている。やる気をなくして引きこもる家があること、ご飯があること、寝られる布団があること。そんなに幸せな環境が整っていて、何が不満なんだと思ってしまう。

もっと言うなら、たいていの人は手足だって2本ずつあって、目が見えて、耳が聞こえて、自分の力だけでトイレにも行けるのだ。それだけでこんなに恵まれたことはない。



私はできることなら、鬱だと言って引きこもっている人間を外へ引きずり出し、家も布団も安定した食事の機会も奪って、自分がどんなに優しい環境でぬくぬくといじけていたのか知らしめたいとすら思う。


それでも何も出来ず鬱のまま死んでしまうなら、その人はもともとこの世で生きることに向いていなかった人間で、きっとそう遠くないうちに死んだはずだ。(かなり暴力的な発想なのは自覚している)


現代人の鬱の言い分を聞いていると、五体満足でありながら自分では何もしなかった母を思い出して、なんとなく憎いような、そんな気持ちになる。



そういう私も子供の頃に鬱になったことがあるが、今思えばあれはそれ以上の厳しい目にあったことがない故の甘えだった。他に不幸を知らなかったのだ。


世の中には心を折ろうとしてくる要素が無限にある。これだけ偉そうなことを言っている今の私だって、その端っこしか知らない。


ここは比較的安全な日本で、落ち込んで部屋に引きこもっていても窓から手榴弾が投げ込まれることもなければ銃を乱射されることもない。冷蔵庫に何も無くても、コンビニという巨大な冷蔵庫が近くにあって食にも困らない。気分転換のプリンだって自分の気分で選べる。ヤケを起こすための酒だってある。出かけたくなければ、寝ながらスマホで買い物ができる。



そんな環境にいて、鬱になるとは何様か。

まるで心と脳みそだけ産湯に浸かり続けているようだ。


敵陣に自分の命ごと突っ込めと言われた訳でもないのに、みんな自分の好きなように病んでいく。



仮に。

鬱が甘えではないとする。


では、苦痛に屈せず鬱にもならず耐えた人は何なのだ。『ストレスのキャパは人それぞれだからその人にとっては耐えられて当たり前な出来事』だとでも言うのだろうか。

それではあまりに『耐えた人』が報われない。君は1人でよく頑張った、よく耐えた、そう言われても良いではないか。


鬱になった人ばかりが注目され、『休みなさい』と手厚い処置を受ける。それなら、心が弱くて早々に倒れてしまった方がお得ではないか。ちょっとのことで過呼吸を起こすような弱い体質を持っている方が『辛かったね』と言っていたわってもらえるではないか。



鬱人口がとても多い昨今、こんな本音を言えば叩かれてしまうだろう。もちろん普段は隠しているし、誰かが鬱になったと聞けば私も『好きなことをしてゆっくり休んでくださいね』とマニュアル通りなセリフを言うようにしている。


正直、その人が鬱をこじらせて死んだって私の人生には関係ないのだ。それよりも、鬱を責めて恨みを持たれる方が後々面倒になるので、都合のいい言葉で相槌を挟みながら聞き流すのが無難だ。



今日も友人の1人から、『最近鬱気味で会社に行こうとすると涙が出る』と話され、私は本音とは違う、相手が欲しがっている言葉だけを返したところだ。彼らは病む自由を堪能している。




【New!】

 

2020.10.26

ORDERページを再掲載いたしました。

ご発注・ご依頼の参考にしていただけます。

 

2020.9.02

新規作成した絵を掲載いたしました。TOP画像およびGALLERYでご覧いただけます。

 

2020.9.02

演奏事業の再開・中止に関する最新情報を更新いたしました。詳細はNEWSにて。

 

2020.6.18

ORDERページ(注文参考情報)を現在非表示にしております。編集完了次第 再掲いたしますが、それまでの間につきましては料金等 直接お問合せください。

 

2020.4.15

コロナ感染拡大防止のため、4月・5月・6月の各種イベントと演奏業が中止・延期になります。NEWS

 

2020.4.4

▼食育スペシャリスト中村詩織さんに制作のご依頼をいただいたLINEスタンプが販売開始いたしました!

▼イラストメイキング動画のYouYubeリンクを追加いたしました!

どちらもLINKからご確認いただけます。

 

2020.4.4

コロナ感染拡大防止のため、4月に予定しておりました各種イベントを中止・延期とし、該当宣伝ページを削除いたしました。騒動が収束次第、改めて設定と告知をいたします。NEWSに掲載中のイベントは現在のところ開催予定となっております。

 

2020.3.6

プラネタリウム朗読会への出演情報、マンドリンオケへの出演情報を追加致しました。

詳細はNewsへ。

 

 

2020.1.28

新作イラスト「雪」を追加いたしました。

※デジタルイラストへ更新

【シェアはこちら!】