エスコート

帰りのBGMは、電車で隣に座った女性たちの会話だった。



『彼ってエスコートが超下手で~』

『30にもなってスマートなデートができないってどうなの?』

『ピンヒール履いてるのにすごい歩かされた』

『箸の持ち方が下手って言われた。男の器小さすぎない?』

『15分遅刻しただけで機嫌悪くされた』



聞いている感じによると、恋人未満な男性への愚痴のようだった。マッチングアプリで出会った相手のような印象を受ける。女性は私と同い年くらいだと思う。



エスコートを求められる世の男性は大変だ。

誰が教えてくれるわけでもないことを、当たり前のように求められてしまう。


そして女性たちの言い分は身勝手だ。こうしてエスコートを『男性が無条件にお姫様扱いをしてくれること』だと思っている女性は多いが、そうじゃない。する側だけでなく『される側』にもマナーがあるはずだ。以下偉そうなことを言うけども。



ちなみに私はエスコートする側・される側、両方それなりにはできるつもりでいる。といっても、する時は相手が歳下か女性のお客様の時くらいだけれど、両方の視点がまぁまぁわかるつもりで考えを書こうと思う。



エスコートされる側のマナー。

これは『エスコートしやすくすること』と、

『連れて歩いて恥ずかしくない女性を演じること』だと思う。


相手の方はおそらくお店を予約したり集合時間からおおよその流れを考えている。それを乱すのは失礼というものだ。15分の遅刻なんてとんでもない。



加えて、先程の愚痴にあったがそもそもピンヒールなど歩くペースを大幅に落とすものは履いていかないのが良いと思う。勝手に履いてきた靴でペースを乱すこと、足が痛いなどと言ってトラブルを起こすことを申し訳ないと思う感覚があった方がいい。


ヒールの高い靴を履いていくことを『お洒落のためだ』『疲れてないか気遣われて当然』と言う女性がいるが、私はそうは思わない。お洒落は何を着るか・履くかだけではなく、そのうえでスマートに振る舞えるかが重要だと思う。


ピンヒールでもPerfumeのような動きができるなら問題ないが、せっかくしたお洒落な格好でも、颯爽と歩けないなら美しくない。


というかどう見てもピンヒールは絨毯の室内で履くものだ。コンクリートの道や公園の土に向いているわけがない。


優しい男性は歩き疲れていないかなど声をかけてくれるが、それはあくまで声掛け程度で終わらなければいけないと思う。




他は接待で覚えることと同じだ。

コースで出てくるような洋食のいただき方はもちろん、和食、特にお座敷に上がる時の振る舞い方は覚えていたほうがいいはずだ。自分をよく見せるためでもあるかもしれないが、相手に恥をかかせないためにも心得ておく必要はあると思う。


そしてそれらマナーを相手に求めてはいけない。

いろんなルールもマナーもあるが、それはお互い楽しく時間を過ごすためのものあって、縛るためのものではないはずだ。自分が分かっていればそれで良い。


また、行く場所によって服装やアクセサリーの質感を変えること、相手に何かミスや不都合があったときはカバーをする、歩き姿勢・座り姿勢はなるべく崩さない、ただしかっちりしすぎて相手に緊張を与えすぎても良くないので適宜あわせる等々


こう並べると難しい印象にはなるが、自分がエスコート側だったらどうしてほしいか考えるだけで分かることは多いのではないだろうか。



楽しい時間は用意されて当たり前ではない。

お店の予約やスケジュールに手間を負ってくださった相手に敬意を払い、相手も自分も楽しめるようにすることで成り立つ。



世の女性たちに思う。

エスコートを『男性がお姫様扱いしてくれること』だと思っているなら、自分もまた『教養のあるお姫様』でなくてはいけないのではないだろうか。


私はお姫様という年齢ではない。


【New!】

 

2020.3.6

プラネタリウム朗読会への出演情報、マンドリンオケへの出演情報を追加致しました。

詳細はNewsの下部へ。

 

2020.3.6

レッスン情報を更新いたしました。

 

2020.2.15

ダイニングライブを開催いたします。

詳細はNewsへ。

 

2020.1.28

新作イラスト「雪」を追加いたしました。

※デジタルイラストへ更新

 

2020.1.20

2月出演・大塚all in fun のお席が完売いたしました。

ありがとうございました!

 

2019.12.01

特設ページNewsを設置いたしました。

2月のイベント出演情報掲載

 

 

2019.4.15

LINEスタンプリリース!

LINKへ追加致しました。

 

 

2018.12.02 

【Vtuber向け】 Live2D用イラストデータ(PSD)の制作をORDERへ追加致しました。

 

2018.11.15

問い合わせアドレスを更新しました。    art@shinki-sakusei.com へお願い致します。

【シェアはこちら!】