経験は財産だと思う

同僚『俺、最近CD集めるのハマっててさ。しんきは何か集めたりしてるものあるの?』

 

私『集めてるよ、父親の不貞の証拠』

 

 

 

何年前のことだったか。私は実家に帰っていた。

 

 

その理由は夫だった。

夫の職場がブラック企業化した結果、夫はメンタルを病んで言動もおかしくなった。やがて自暴自棄になって借金を持ち帰ってきたり不倫までして私も周囲も散々な目にあい、私は『実家に帰らせていただきます』をしていたのだった。

 

しかし夫と距離を置いた翌日には、またトラブルを起こされて身元引受け人として警察に呼び出されたりもしていた。

 

 

そんなこんなで夫のあれこれに始末をつけて心身ともにボロボロになって帰って来た実家だったが、今度は父親の不倫疑惑で修羅場を迎えようとしていた。

 

 

母に相談を持ちかけられた私は、夫の件で覚えたてだった念書の書かせ方や証拠の固め方を教えたが、母は「死にたい」とぼやいていじけているだけで何もしなかった。昔から、こういうトラブルには心が弱い人だった。

 

『父が何をしているのかは私が調べてあげるから、その先は自分でやるんだよ 』

 

そう母に伝えて、私は父親の動向を調べるために動くことになった。

 

 

しかし、調べれば調べるほど思っていたのとは違う方向に雲行きが怪しくなる。女性の影がない。

 

 

 

結果、父の不貞の相手は男性だった。相手は年下と思われ、ホテル代か+αのお金は父がもっているようだった。加えて女装にもハマっていた。

 

父も人間なので、趣味や性指向がどんなものだっていいと思っている。私はこの事実自体には特に感想は無かった。

しかし母は、父の相手が男性だったことがさらにショックだったようでまた落ち込んだ。

 

 

母の感情面での落ち込みはさておき、相手が男性(同性)では『不倫』にはならない。

不倫にならないと慰謝料の請求や諸々が難しくなってくる。

ただし『婚姻関係継続が難しくなるような信頼を損なう出来事』にはなるので、その点で父に問いただすことや念書を書かせる程度のことはできる。

 

 

それを伝えて母に今後どうするか訊くと、『離婚はしない』と答えた。

ただし仕事だと嘘をついて男と遊んでいるのは許せないし、ましてや家計に余裕があるわけでもないのに金を出しているなんて見逃せない、と。

 

後者の理由には私も同意だった。

私は高校生の頃、父に80万円を貸している。それがまだ全額返ってきていなかった。事情に納得して貸したお金だったが、それは子供の頃からのお年玉や絵のコンテストで得た賞金を貯めたものだった。

 

 

じゃああとは二人で話し合ってねという空気になったところで、母は私に、父との話し合いのきっかけを作って欲しいと頼んできた。それくらい自分で切り出せばいいじゃないかと思いはしたが、一応これまで世話になった母の頼みであるのと、弱り切っている母が気がかりで私は渋々承諾してしまった。

 

 

これが良くなかった。

 

私が話を切り出したことで、父は自分の知られたくない部分を娘に知られたと気がついてパニックになり、ありとあらゆる暴言を吐いた。

 

父がパニックになることは想像していなかった。

少々短気なところはあるが、順を追って話せる人だと思っていたし、私は父が女装をしたり男と付き合っていることそれ自体にはなにも嫌悪は無かったので、父もまた私に知られてそこまで焦るとは思っていなかった。想像が及ばなかった。

 

 

私は父の暴言の数々に、今ではもう何を言われたのか思い出せないほど傷ついてしまった。

 

母はそのやりとりを見ているだけで助けてはくれなかった。母は夫婦関係を継続することを望んでいたので、この瞬間、私よりも父の肩を持つことを選んだのだとわかった。

私は自分の傷も癒えていないうちに母に同情してしまい、都合よく利用されて走るだけ走って、最後は両親が絆を修復するための『共通の敵』という役を担って終わったのだ。

 

 

父の豹変ぶりを怖いと思った。

 

躾で殴るのは虐待だと言われるこのご時世でも、私は殴られたこともあれば玄関から放り投げられたこともある。その父がパニックになった今なら暴力も使うだろうと思って、私は家出をした。あれからもう何年も口をきいていない。

 

私の担った『共通の敵』役は充分な働きをしたようだった。今では彼らは関係を修復し、仲良くやっているらしい。

 

 

人に念書を書かせること、それなりに大きな額の借金を立て替えたこと、金欠のまま家出したこと、警察署に家族を迎えに行ったこと、何件も弁護士事務所に電話をしたり、行政書士に書類の作成を依頼しに行ったこと、自分で示談交渉をして示談金と違約金を回収したこと。

 

ほとんどの人が20代前半のうちにはできないであろう経験をさせてくれたことには感謝したい。

おかげで私はたくましくなれたと思う。


【New!】

 

2020.10.26

ORDERページを再掲載いたしました。

ご発注・ご依頼の参考にしていただけます。

 

2020.9.02

新規作成した絵を掲載いたしました。TOP画像およびGALLERYでご覧いただけます。

 

2020.9.02

演奏事業の再開・中止に関する最新情報を更新いたしました。詳細はNEWSにて。

 

2020.6.18

ORDERページ(注文参考情報)を現在非表示にしております。編集完了次第 再掲いたしますが、それまでの間につきましては料金等 直接お問合せください。

 

2020.4.15

コロナ感染拡大防止のため、4月・5月・6月の各種イベントと演奏業が中止・延期になります。NEWS

 

2020.4.4

▼食育スペシャリスト中村詩織さんに制作のご依頼をいただいたLINEスタンプが販売開始いたしました!

▼イラストメイキング動画のYouYubeリンクを追加いたしました!

どちらもLINKからご確認いただけます。

 

2020.4.4

コロナ感染拡大防止のため、4月に予定しておりました各種イベントを中止・延期とし、該当宣伝ページを削除いたしました。騒動が収束次第、改めて設定と告知をいたします。NEWSに掲載中のイベントは現在のところ開催予定となっております。

 

2020.3.6

プラネタリウム朗読会への出演情報、マンドリンオケへの出演情報を追加致しました。

詳細はNewsへ。

 

 

2020.1.28

新作イラスト「雪」を追加いたしました。

※デジタルイラストへ更新

【シェアはこちら!】