読書感想文

読書感想文なんて嫌いだった。

宿題に出るたび憂鬱だった。


その本を読んでいない人にもわかるように慎重に構成を考えるが、そのうち、「私の感想なんて誰が興味あるんだろう」と思っては何本も鉛筆を削って時間を潰した。


それは学校の宿題だったし、先生だって生徒30人分を添削するだけで感想の中身にはほとんど興味がない。誰かが楽しみにしているわけでもなければ私が書きたいわけでもないのに、押し付けられた本から無理やり感想を捻り出す。その作業は宿題の中でも一番の苦痛だった。


けれど最近、初めて「感想を書いておきたい」と思う本に出会った。


姜尚中さんの『あなたは誰?私はここにいる』という一冊。

単純に言ってしまえば、絵を見た時の感想と考察が書かれている本。


けれど読めばそんなに単純ではなく、「他者の感想」を読んで感動したのは人生で初めてだった。


私は普段、絵を見た時の感想や自分の創作のテーマについてはまず正直に話さない。

自分の感覚に共感は得られなくても気にしないが、否定されることの方が圧倒的に多かったため、素直に話すことをやめてしまっていたのだと思う。


それが原因ではないけれど、絵に限らずどんなことであれ、「自分の一番の理解者が自分自身であれば永遠に失わない味方がいるも同然で、それは無敵である」というのが私の中の宗教だった。だから他者への理解や共感を求めてあれこれ発信したり話す必要もなかった。


しかしこの本に書かれていたのは、今まで自分が口に出すのをやめていた感想たちだった。


私が共有することを諦めていた感想がそこにあって、それを文字にして世の中に出版した人がいる。

その事実が、とても心強いことに思える。


こんな風に芸術を読み解いて想いをめぐらせてくれる鑑賞者がいるなら、その作品は本当の意味で報われるのだろう。そう思ったら、いろんなことを思い出して、ふと涙が出た。


きっとこの本は、永遠に失わない味方の2つめになるのだと思う。




【New!】

 

2020.3.6

プラネタリウム朗読会への出演情報、マンドリンオケへの出演情報を追加致しました。

詳細はNewsの下部へ。

 

2020.3.6

レッスン情報を更新いたしました。

 

2020.2.15

ダイニングライブを開催いたします。

詳細はNewsへ。

 

2020.1.28

新作イラスト「雪」を追加いたしました。

※デジタルイラストへ更新

 

2020.1.20

2月出演・大塚all in fun のお席が完売いたしました。

ありがとうございました!

 

2019.12.01

特設ページNewsを設置いたしました。

2月のイベント出演情報掲載

 

 

2019.4.15

LINEスタンプリリース!

LINKへ追加致しました。

 

 

2018.12.02 

【Vtuber向け】 Live2D用イラストデータ(PSD)の制作をORDERへ追加致しました。

 

2018.11.15

問い合わせアドレスを更新しました。    art@shinki-sakusei.com へお願い致します。

【シェアはこちら!】