家出とお金

時々、家出をした時のことを思い出す。

 

豹変した父親に殺されるんじゃないかと怖くなった夕方、いつもより鞄を1つ増やして家を出て、帰らなかった。

 

家出と言っても私は成人していたし、仕事もしていたので結果を言えば何とかなった。

ただそれなり大きな額の身内の借金を立て替えたあとだったのと、いろいろあってとにかくお金がなかった。

 

もちろん連日まともな場所に泊まることなんてできない。日中の安い時間にネカフェで寝て、夜は仕事に出て、仕事が終わってから始発までは時間を潰して、朝になったらコインランドリー、そのあとお年寄りしかいないような350円の銭湯に行って、また寝られる場所を探す。この繰り返しだった。

 

当時すでに結婚はしていたけれど、私が実家から家出をしたのは『実家に帰らせていただきます』をした経緯があってのことなので、夫は頼れなかった。頼りたくなかったという方が正しいかもしれない。

 

とりあえず家出生活をしながらもお金を貯めてどこか家を借りようと思っていたので、給料以外のチップや心付けを増やすために猫を30匹くらい被りながら仕事をした。

その甲斐あって、収入も増えつつあり、式典演奏の仕事では葬儀場からの指名率が社内1位になった。

 

それでも家を借りるにはまだ足りないある日、学生時代の先生から連絡があった。先生とは度々飲みに行く仲だったので、その時もお酒のお誘いだった。

しかし私にはお酒を飲んでいる余裕はなく、そのまま現状を話して『また今度』と伝えた。先生からは『うちに来なさい』と返事が来た。

 

先生の家に行くと、離婚した奥様が使っていた部屋を丸ごと貸してくれた。アウトドアが好きな先生らしい、それらの用品を集めて作った寝床や環境を用意してくれていた。

 

『いくら気が強くったって女性が1人で夜な夜なふらついてたら危ないやろ、いつでもこの部屋使いに来てええからちゃんと休み』

 

そう言う先生に対して、(恩師とは言え一人暮らしの異性の家に泊まるのは危なくないんか..)と突っ込みを入れたくなったが、素直にお礼を伝えて荷物をおろした。

 

 

布団に入って部屋を暗くして、ふと仰向けになった時、これが幸せなんだと感じた。

 

ネカフェは狭いし照明が眩しくて、手を伸ばして仰向けで寝ることなんてできなかった。街で時間を潰していた時のように、いつどんな酔っ払いに絡まれるか警戒し続ける必要もなく、今はただ、無感情に見つめられる天井がある。

 

何も感じなくていい自由があった。

 

この自由に少し慣れてくると、今までの事を振り返ったり、悩んだり嘆こうという気すら出てくる。

こうして悩むことや嘆くこと、それができることは、なんて贅沢で幸せなことなんだろうと思った。

 

同時に、安全な部屋で寝るだけで幸せを感じられるなら、私はこれから先、たいていのことは大丈夫だとも思えた。

 

 

翌朝、1階に降りると先生が朝食を作っていた。

この家には何度か来たこともあるし、先生の上手な料理はいただいたこともあったが、久しぶりに幸せを感じた翌朝の食事は格別美味しかった。

 

 

度重なる身内の金銭トラブル、お金がないままの家出、それらが私をお金中毒・仕事中毒にしていったのだと思う。

仕事が休めない原因はここにある気がする。

 

電車に乗るにも、なにか食べるにも、安全な場所で寝るにも、仕事で必要なスマホを使い続けるにも、客前に出られる清潔感を保つのもすべて、お金がないと叶わない。私をギリギリ支えてくれたのは、親でも家族でもなくお金だった。

 

私が努力して稼いだだけではない。それを認めてチップをくれたお客様の『懐の余裕』や、無償で寝る場所をくれた先生の『生活の余裕』が私を支えてきた。その余裕は心でもあったけれど、その心を実現するにはお金がないと始まらないはずだった。

 

お金はトラブルも生むが、結局何をするにも必要であり、きっと私はいくら稼いでも安心することはないのだと思う。

 

そして、私はいつか 当時の自分のような人間に出会ったとき、助けられる『余裕』を持っていたい。


【New!】

 

2020.6.18

ORDERページ(注文参考情報)を一時的に非表示にしております。編集完了次第 再掲いたしますが、それまでの間につきましては料金等 直接お問合せください。

 

2020.4.15

コロナ感染拡大防止のため、4月・5月・6月の各種イベントと演奏業が中止・延期になります。NEWS

 

2020.4.4

▼食育スペシャリスト中村詩織さんに制作のご依頼をいただいたLINEスタンプが販売開始いたしました!

▼イラストメイキング動画のYouYubeリンクを追加いたしました!

どちらもLINKからご確認いただけます。

 

2020.4.4

コロナ感染拡大防止のため、4月に予定しておりました各種イベントを中止・延期とし、該当宣伝ページを削除いたしました。騒動が収束次第、改めて設定と告知をいたします。NEWSに掲載中のイベントは現在のところ開催予定となっております。

 

2020.3.6

プラネタリウム朗読会への出演情報、マンドリンオケへの出演情報を追加致しました。

詳細はNewsへ。

 

 

2020.1.28

新作イラスト「雪」を追加いたしました。

※デジタルイラストへ更新

【シェアはこちら!】